So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

レコルト ソロブレンダー 価格 最安値 [グリーンスムージーのミキサー、安いネットショップ]

recoltesoloblender.jpg


レコルト ソロブレンダーの価格情報です。

レコルト ソロブレンダーは、ネット通販の大手やTVショッピングで名前が売れた
ミキサーだと思います。

名前では「ブレンダー」とついていますが、日本的にはミキサー(ジューサー)です。

そして先に書いていきますが、グリーンスムージーを作るミキサーとしては、
あまり向いていないと思います。

グリーンスムージーのミキサーブログなのに、何だそれ?と言う感じですが(笑)、
これは先に書いておきます。

グリーンスムージー用は、こちらでどうぞ=スムージーミキサー解説HP

レコルトソロブレンダーが、なぜスムージー作りに向いていないか?も
先に書いておきますと、パワーが足りない、コンテナが小さい、この2点です。
特にパワー不足は致命的です。

それではジューサー・ミキサーとしては、なかなか使いやすいこの機種の
スペックからですが・・・

サイズは100mmX100mmX295mm、重さは750kg

素材はポリプロピレン、AS樹脂

コンテナ容量は350ml 消費電力は125W

となっています。


容量とパワーは最後の一行でお分かりですよね、
グリーンスムージーにはかなり足りません。

ですがジューサーとしては、実は結構気に入っています。

私の場合、朝はグリーンスムージーを必ず毎日作りますが、
時間を問わず喉が渇いた時はフレッシュジュースを作って飲んでいます。

オレンジやグレープフルーツが多いですが、この時に使うのが
このレコルトソロブレンダーです。

さっと作って、さっと洗えるのが一番便利、その上コンパクトで場所も
とらないのいで、何かしながらでもおいしいジュースが作れてしまいます。

この便利さは、グリーンスムージー用のハイパワーミキサーには無い良さです。


最安値↓




他のカラーは=レコルトソロブレンダーのカラー・一覧




     .
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

siroca シロカ SJM-180 [グリーンスムージーのミキサー、安いネットショップ]

スムージーが作れるミキサー「siroca crossline ミル付きミキサー シルバー
SJM-180」のご紹介です。


まず「sirica」というメーカーなのですが、イメージ的に中国あたりの名前に
聞こえますが、正真正銘日本の家電メーカーです。

シロカは新興メーカーなので、まだ大きな知名度はないですが、例えば扇風機、
ホームベーカリーなどは、家電量販店でも真ん中のスペースを陣取る
人気メーカーなのです。

シロカの事をもうすこし話しておきますと、シロカはいわゆる「ジェネリック家電」です。
経済ニュースなどで、一時しきりに言われていたジェネリック家電。

これはすごく簡単に言うと、「設計とマーケティングだけして、製造は全て大手に
発注している家電」という事になります。

ジェネリック医薬品は、特許切れの医薬品をコピー(言い方悪いですが便宜上)
して、格安で販売する手法です。

ジェネリック家電は、少し前の技術と部品を大手家電メーカーから供給を受け、
ベンチャー企業等が販売すると言う形態です。

これがまさにシロカなのです。 ですので、性能は折り紙つき、価格は安いのです。


それでは長くなりましたが、シロカ SJM-180をご紹介します。

シロカ SJM-180は、コンテナ容量が800ml(やや少なめ)、パワーが250W(日本
メーカーでは最優秀)というのが基本数値です。

800mlは少し足りないかもしれませんが、250Wはグリーンスムージーには
いいですね。 もちろん国内メーカーの話ですが、優秀だと思います。

カッターが取り外せる仕様で、お掃除が簡単にできます。

フタ中央には投入口があり、フタを開けずに氷などを追加できます。

ミルもついていますので、グリーンスムージー作り以外にも活躍できるでしょう。


最安値は↓









     .

グリーンスムージー酵素ドリンク [グリーンスムージーに挑戦]

今回はグリーンスムージーのミキサーとは少し違ったお話をします。

ミキサーに関してはこちらで=おすすめミキサーガイド


ところで最近はグリーンスムージーの酵素ドリンクがTVショッピングなどにでています。


正確には「野菜スムージーダイエット」で、微妙にグリーンスムージとは、

距離があるようです。



実際このドリンクはどうなのか?について検証してみます。

私はこの野菜スムージーは購入していないのですが、別のグリーンスムージー酵素と

いうような名前のものを購入して飲んでみました(実際の名前とは少し買えています)。


これはプロテイン系の粉で、水や牛乳とシェイクして飲むタイプです。

まあほとんど、プロティンダイエット都下と同じものですね。


牛乳を入れる時点で、グリーンスムージーとは全くの別物とわかります。


飲んでみた感じですが、思ったほど粉っぽくなく、苦味も青臭さもありません。

見た目は思いっきりグリーンですが、味は甘みの少ないフルーツジュースです。


牛乳やヨーグルトを推奨しているのですが、今のところ水だけで飲んでます。

なにか、抵抗があるんですよね(笑)。


2週間ほどだし、元々あまり食べない朝に飲んでるのでダイエット効果は

まだですが、こういった置き換えダイエットなら、夜に置き換えれば

一発で効果が出るのでは?と思います。


夜は食欲も出るので少しきついですが、効果を考えるなら、夜しか無いでしょう。


それから酵素は相当体に良いと聞きます。

グリーンスムージーでは酵素も破壊しますので、それほど取れませんが、

酵素を補うという考え方で飲むなら、併用もなかなかよさそうです。


その後いろいろ調べてみましたが、こちらが評判も良く、

人気も高いそうです。


詳細は↓







       .
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ミキサー人気ランキング楽天No.1の機種は? [グリーンスムージーのミキサーランキング]

グリーンスムージーが作れるミキサーで、最も売れているモノをご紹介します。

今回は楽天のミキサー人気(売上)ランキング1位の機種を見てみましょう。

その楽天は現在「スーパーセール」と言うものをやっています。

スーパーセール中は、商品によっては半額になったり、期間限定クーポンが使えたり、
楽天ポイントが何倍かになったりと、多くのキャンペーンが行われる
お得なセール期間です。

正直言いますと、ミキサーにはあまり関係買ったようです。
セール情報をやろうかな?と思ったのですが、これといってなかったので、
人気No.1ミキサーの発表に変更しました。

それでは1位のミキサーをご紹介しましょう。

楽天ランキング1位=ティファールミキサー BL126G71



このミキサーは、省スペースタイプでやや小型です。
ですので、グリーンスムージーに向くか?というと微妙なところもあります。

ですがコンパクトな割に、意外にハイパワーで300Wの消費電力。
グリーンスムージー専用としては足りない感じもしますが、
国産のメーカー品よりは使い勝手がいいかもしれません。

なんといってもティファール製です。
品質は確かですし、デザインは抜群、耐久力もあるとの評判です。

ミルも付いていますので、用途的には幅広いでしょう。
スムージーと言うより、ジューサー的ですが、現実的な使い道が多いので、
人気があるのだと思います。


なお上記の楽天のショップは現在人気集中で売り切れているようです。
再入荷は確実のようですが、お急ぎの方はアマゾンでどうぞ。

こちらから↓







     .

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グリーンスムージーのミキサーランキングP3 [グリーンスムージーのミキサーランキング]

グリーンスムージーのミキサーランキングです。

このランキングは、海外のグリーンスムージー系サイトの人気、

日本での人気、そして私の経験などで構成されています。


グリーンスムージーリンゴ.jpg


ただグリーンスムージーは、基本的にバイタミックスです。

これはバイタミックス以上のハイパワーミキサーが出てこない

限り不変だと思います。

ですのでいきなりですが、1位は毎回バイタミックスです(笑)。


ですがこのサイトを訪れて下さる方々は、おそらくバイタミックスは

ちょっと高過ぎて、いきなりはキツイな~とお考えでしょう。

そこで、バイタミックスは「殿堂入り」、「永久1位」という事で、

なんとかグリーンスムージーを味わえるミキサーを、ランキングで

ご紹介します。



まず3位から、



<テスコム・メタルライン>

グリーンスムージー入門用として、
何と言ってもこの価格は魅力です。
正直言えば、もちろんパワーは足りません。
ですが国産ではパワーがある方です。
しかも1Lのビッグボトルはなかなかイイです。
ですが果物、野菜はかなりカットしなければならず、
舌触りや喉ごしは、やはり不満に感じるでしょう。


2位



<Panasonic ファイバーミキサー MX-X39-W>

ついに出た!という感じのパナソニックの新型ミキサーです。
正直に書きますが、3位のメタルラインより使いやすいです。
そして安定感はさすが日本の家電です。
前作とは完全にモデルチェンジした今回ですが、
新しい機能のスムージーバーがかなり使えます。
パワー不足ですがこのバーのお陰で野菜や果物をある程度
かたまりで放り込んでも、何とかなります。
よく考えたなと感じました。
ですがバイタミックスを知る私としては、
味的には3位と共に不満です。
もちろん比べてもしょうがないですけどね、、、


そして1位ですが、2つあります。

これはよく考えたのですが、この2つは甲乙つけがたく

しかも最近、非常に売れているのでダブル1位という事にしました。

1位



< ↑ Vitantonio ブレンダー VBL-2 >



<オスター オスタライザー サンビーム ミキサー>

この2つは、本当に甲乙つけがたいです。
パワー的には、ビタントニオが450W、オスターサンビームは
500Wで後者に軍配が上がります。
ですが、ビタントニオは非常にキレが良く、大きな野菜でもサクサク
スムージー化します。

ちなみにW数、パワーを比較しますと、3位のメタルラインは180W
2位のパナソニックは240Wです。
こう見ると、海外製と日本製はかなりパワーが違いますね。
並べてみると迫力が全然違いますし、グリーンスムージーの
出来栄えも、大きな差があります。
ハイパワーミキサーで作ったものは、舌触りが全然違いますね。
ここがおいしさの分かれ道ですので、基本パワー重視の
選び方がいいと思います。

1位のビタントニオとオスターサンビームは、
国産と比較すると、大人と子供のパワーの違いがありますが、
それでもバイタミックスに比べると子供です。
バイタミックスはなんと900Wと、まるでスケールが
違います。 まさにモンスターですね。

ですが価格を考えると、そう簡単に手が出ない方も多いでしょう。
そこで私のおすすめは、バイタミックスがダメなら1位の
2機種、どちらかをまず使ってみるのがいいと思います。
この2機種でも、破格のパワーがあります。
こちらでも1年ぐらい使うと、おそらく不満に感じることが
多くなると思います。
その時にもう一度、バイタミックスの存在を考えればいいかな?
なんて思います。
ですがやっぱりバイタミックス、諦めきれませんよね(笑)。



↑ こちらのお店は、バイタミックスの特典が凄いです。
7年保証というのも凄いなと思います。
イロイロ動画も公開しています。
リンクから見られますので、覗いてみて下さい。




  .


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。